記事の詳細

2月13日は・・・苗字制定記念日 ‼︎


明治8年のこの日、明治政府が
「平民苗字必称義務令」という太政官布告を出し、
すべての国民に姓を名乗ることを義務附けた。
江戸時代、苗字を使っていたのは貴族と武士だけだったが、
明治3年9月19日に出された「平民苗字許可令」により、
平民も苗字を持つことが許された。
しかし、当時国民は明治新政府を信用しておらず、
苗字を附けたらそれだけ税金を課せられるのではないかと警戒し、
なかなか苗字を名乗ろうとしなかった。
そこで明治政府は、明治7年の佐賀の乱を力で鎮圧するなど
強権政府であることを誇示した上で、
この年苗字の義務化を断行した。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る