記事の詳細

2月11日は・・・(旧)紀元節 ‼︎


明治5年から昭和23年まで祝日とされ、
四大節(新年・紀元節・天長節・明治節)の一つとされていた。
日本書紀による神武天皇即位の日・紀元前660年1月1日を
新暦(グレゴリオ暦)に換算した2月11日を祝日と定めた。
当初は1月29日だったが、翌年から2月11日に変更された。
戦後、日本国憲法の精神にそぐわないとして廃止されたが、
昭和41年に「建国記念の日」として復活した。
明治5年11月15日、紀元前660年を元年として
「皇紀○年」という年の数えかたが作られたが、
現在ではほとんど使われていない。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る